神田松之丞行きつけの店 井泉本店はかつサンド発祥のお店

2019年4月24日のTOKIOカケルでは講談師 神田松之丞の行きつけの店として かつサンド発祥のお店である

井泉本店を紹介しました。

TOKIOからの質問で

「寄席前にテンションが上がる食べ物 何」に対して神田松之丞が答えたものです。

以前テレビ番組で寄席の後で神田松之丞が行く甘味処が紹介されていますが

神田松之丞は甘いもの好き!!3日とあけずに食すのは?「グレーテルのかまど」

今度は寄席前に行く食べに行くお店です。

神田松之丞が紹介したのは

お江戸上野広小路亭 の近くにある井泉本店というとんかつ屋さんでした。

ここでTOKIO一行と神田松之丞が注文したのが名物のかつサンド(9切れ)1,350円です。

clr_br('')

いい香りといいつつ一口食べた国文「うん!!うまい!!」

「カツがジューシーやな」城島

と気に入りのTOKIO一行。

「うまい」という言葉が飛び交います。


神田松之丞が行きつけの店 井泉本店を 気に入っているところは


「井泉本店では客席から厨房が見えていて

4~5人で調理しているチームワークがすごくかっこいいですよ」

「とんかつ揚げる人、キャベツ切る人、全体見渡す人と細かく分かれていて

事前予約じゃなく当日いきなり飛び込んで

25人前と注文してもいとも簡単に引き受けてくれるそうです。

すごく混んでいるのに」

「20~25分で25人前ポーンってできるんです」と感動した様子で話す神田松之丞

神田松之丞はまず手際の良さが気に入っているのです。

神田松之丞行きつけの店 井泉本店はかつサンド発祥のお店


井泉本店は昭和五年(1930年)から上野で営業を始めました。

初代石坂一雄が考案の「お箸できれるやわらかいとんかつ」の通り、当時の味と暖簾を現代に伝えています。

現在は直営店が2店輔、暖簾分け店が3店舗営業しています。

暖簾分けしたお店は娘さんがブログで紹介しています。
https://ameblo.jp/isen-honten/entry-10732339403.html
「暖簾分け」の条件は、10年以上、本店の「揚げ場」で数年以上、
「井泉」の店に流れる雰囲気を、体で感じ取り見に付けた者とか。

★井泉本店
東京都文京区湯島3-40-3

直営店は

●上野
松坂屋南館地下1階 
●日本橋
高島屋地下1階

現在も営業している暖簾分けしたお店は

★あさひかわ 井泉
住所/北海道旭川市5条7丁目

★ぎんざ   井泉
東京都中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 2F



来栖けい主宰の焼肉店の食レポをする松之丞カレンの反省は?

2019年4月21日の松之丞カレンの反省だ!は神田松之丞が興味がない焼肉の食レポでした。

対決姿勢満点の食レポなんて従来ありませんでしたが、意外と正直な笑いを誘って面白いですね。


甘みにはこだわりがある神田松之丞ですが、焼肉には興味を持っていないといいます。

元来食レポをしたことがありません。


最初から興味がないどころか

「焼肉でえばっている店主がきらい」といいだす神田松之丞です。

「ジョッキーも嫌い!!馬が頑張っているのに」神田松之丞。

この辺は落語家なみのたとえです。

clr_br('')

そんな神田松之丞が向かう先は美食家の来栖けいが主催する 焼肉いぶさなです。

会員制なので普段は取材を受けていません。

紹介でないと入れないといいます。

神田松之丞のような口の悪い人には縁がなさそうな店なのですが・・・。

案の定最初から店主とはギアがかみ合いません。


美食家 来栖けいとは



1979年9月26日生まれで現在39才の  来栖 けい-は、美食家で、レストランオーナーと紹介されています。

これまで2万件以上のお店を食べ歩いたとか。

金持ちの道楽息子みたいですが・・・。

一日3食を1年間続けて1000食ですから、20才から食べあるいたとして20年で2万食です。

仕事している暇ないですね。

ところが実家は埼玉のガソリンスタンド経営でそれ程裕福ではないといいます。

2004年12月に初めての著書『美食の王様 – 究極の167店 珠玉の180皿』が出版されたのが

きっかけで取材や執筆の仕事が入るようになり、以後、書名の「美食の王様」を職業名として、テレビ・雑誌・新聞等のメディアでグルメ評を行っているそうです。

2009年10月16日に、若手シェフの育成を目的に、自らが経営するレストラン「エキュレ」を西麻布にオープンしました。

1年ごとにシェフが代わるレストランです。

2015年8月5日にはフレンチレストラン&パティスリー「Bon.nu(ボニュ)」をグランドオープン。

神田松之丞が行った「いぶさな」は2018年5月8日、小田急小田原線・参宮橋駅から徒歩約2分の場所にオープンしています。

年間10頭しか出荷されない「いぶさな牛」のみを扱った焼肉店でしかも紹介制・完全予約制で、1日3組しか食べることができない知る人ぞ知る隠れ家とか。

テレビでは1日限定2組と紹介していました

神田松之丞が食べたのは29,800円(17品)のコースです。


来栖けいとはかみ合わない神田松之丞


来栖けいは専門家に良くいるタイプで話し方があまり上手でありませんね。

質問されたら短く要点のみ答えればよいのに長々と話します。

「世の中の評論家はおいしいまずい歯言えても自分でやれよと言われるとできない。

両方やっているのは自分しかいない

この味にたどり着くのに試行錯誤はしない  着地点は最初から決まっているから  修行0!!」来栖けい


お店で客が座るテーブル席で肉を焼くのは来栖けいです。

「着地点わかっている人なら焼いてもいい」来栖けい

この言葉聞いただけでおいしさが飛んで行ってしまいそうですが・・・。

食べても感想を言わない 神田松之丞。

「これひと口でいってください」とわざわざ来栖けいが言っているのに

ちびちび食べている 神田松之丞。

「焼肉は一口完結型」という来栖けい

何を食べても感想が出てこない神田松之丞。

美味しいのだろうけど、気が合わないとおいしくないのでしょう。

誰でもそうですけど。

専門性が高ければ修行0でも行けるのでしょうが、接客業や話術をマスターしなければ店に出ても逆効果かも・・・。



スタジオでカレンと反省しようとする神田松之丞。



「修行0と思ってどう思います」神田松之丞

「焼肉に修行があったのか?まず知らなかった

私は牛が頑張ってくれていると思います」カレン

「僕と気が合う」とよろこぶ神田松之丞

「29800円と聞いてどう思います?」神田松之丞

「あり得ない!!絶対にありえないです!!

絶対に安くした方がいい!!」カレン


来栖けい主宰の焼肉店の食レポをする松之丞カレンの反省は?まとめ



カレンはジャージのトレーニングパンツ履いての出演でしたね。

どんどん松之丞が好きになっているというカレンですが、

二人の笑いを誘う話術の方も好調になってきました。

「焼肉店へ行くのに茶色の着物ってどうなの」というカレンでしたが、

「テレビ番組出演するのにトレーニングパンツ姿ってどうなの?」というのが

反省点でした。

神田松之丞が花田優一に放った毒舌は?「松之丞カレンの反省だ!」

「松之丞カレンの反省だ!」の2回目です。

神田松之丞が毒舌を放つ相手は花田優一でした。

普段からラジオ番組で花田優一に対して毒舌を放っている神田松之丞ですが、

彼はあったことがありません。

ロケバスの中で面会相手を聞かされた神田松之丞は

「会いたくないな・・。靴つくってないのにテレビ出ている場合じゃないでしょ
絵は売れているんでしょう

靴書いている人なら絵描いているんじゃないよってなるよね」

本人に会う前から毒舌を放ちます。

「だから会いたくないよね

イタリア3年で学べんのかね~

職人としての意識ないだろ 納期まにあってないんだから

職人としての意地なんかないんだよ!!」

毒舌というよりも正論ですね。

ここまでのカレンの笑える感想は

「待たせちゃってその人たちどうやって歩いているのってなっちゃう」カレン

他に靴を持っていないわけじゃないんだから・・。

プロは納期を守るのが最低限の務めということを言いたかったのでしょうね。



花田優一のスタジオで口撃が絶好調になった神田松之丞



感がいいのか早くもテレビレギュラー出演2回目で余裕の神田松之丞。

花田優一は神田松之丞のラジオでの優一チャカシは知っていました。


「僕のことラジオで罵倒されていたことは知っています」花田優一

「優一そんなことないって」神田松之丞

「貶めようというのではなくて愛情があったとおもっているのですが」花田優一

「もちろんです」肩を抱く神田松之丞


花田優一が口職人としての思いを話すと

「ぼくも靴職人だからわかるよ」と茶化す神田松之亟

「僕が真剣なこと話すとずっとにやにやしているんだよ」花田優一




「テレビ出ている暇あったら靴つくれっていうじゃないですか
テレビ出ているヤツ全員本業じゃないでしょ」花田優一

「それさ優一、誰のこと言ってる?」神田松之亟

「漫才が本業ならテレビ出ないで漫才だけやっていればいい」花田優一

「優一わかるよ。世間は納得しないかもしれないけど」神田松之丞

「僕が成功したら全員持ち上げて
ダメになったら全員で批判するのが芸能界なのかな」花田優一

「おとなだねえ~」神田松之亟

カレンも「大人だ」

大人になりつつあるということでしょうね。


神田松之丞が花田優一に放った毒舌は?「松之丞カレンの反省だ!」まとめ



神田松之亟と花田優一のやり取りは漫談みたいで面白い物でしたね。

神田松之丞はさすがプロの話家で、お笑い芸人よりも上質のセンスを感じしました。

来週以降が楽しみです。


神田松之亟は花田優一を最終的に好きになったといいます。

カレンにかける言葉花田優一にかける言葉を聞きました。

「絵も絶対作る。靴も絶対作る!!そういう方向から頑張っていけばいいです。」カレン

カレンはすでに大人ですね。

神田松之丞は甘いもの好き!!3日とあけずに食すのは?「グレーテルのかまど」

講談師の神田松之丞はもともと甘党でしたが30才を過ぎてから和菓子のおいしさに目覚めたといいます。


2019年4月8日はNHK Eテレの「グレーテルのかまど」に出演して3日とあけずに食すという白玉クリームあんみつの紹介です。

とにかく甘い物が好きで、小さい頃から母親が何かしらのおやつを用意してくれたといいます。

30代になって嗜好(しこう)が変わって、みはしのあんみつに出会ってから、

あんみつが一気にキャッチーなものになったといいます。

みはしのクリームあんみつの写真からうける印象は「清楚でいて豊満でおいしそう」


男性の30代というのはお腹に脂肪がついてくる年代でもあります。

代謝がおちぎみになるのでさっぱりした甘い物が合うようになるのでしょう。

二つ目に昇進したのが29才のときですから、少し余裕ができて毒舌に磨きがかかってきたのが影響しているかもしれません。

男の30代は脂が乗り切った働き盛りですから。

神田松之丞の解釈は「お客様の前で基本を間違えずに感情をこめて、間をおいてとかといったしゃべり方でしゃべるのは

脳にダメージというか負荷をかけていると思うので、そういう時はお菓子とかで癒される」いうものです。


みはしのクリームあんみつのおいしさには万人がとりこになっています。

神田松之丞はあんこが異常においしいといいます。

「ちゃんと甘いけど、さらっとしてしつこくない。」


白玉クリームあんみつ みはし上野本店 場所


 東京都台東区上野4の9の7(TEL03・3831・0384)。

 午前10時半~午後9時半(9時ラストオーダー)。
 不定休。

上野の博物館や美術館や動物園を見学後、半券を見せると、なにがしかのトッピングがついているようです。

アイスかアンズのトッピングや白玉粉が2個追加とか。



白玉クリームあんみつのレシピと出会いまで


白玉クリームあんみつのレシピ 

豊島区で育つ、小学4年で父を亡くして大人にならざるを得なくなった

心の隙間を埋める何かをさがしていた

高校生の時に生で聞いた講談は最初は面白くなかった

耳か超えてくると面白くなるのかなという若気の至りの発想といいます。

大学を卒業して24才で入門しますが礼儀やしきたりを学ぶ前座時代はしかられてばかりの毎日でした。

その悔しさをばねに4年半ひたすら稽古に打ち込みました。

二つ目に昇進し少し心に余裕ができたころ

ふと立ち寄ったのが寄席の近くにある甘未どころ

ここで出会ったのが白玉クリームあんみつでした。

白玉あんこが芸に通じるだいご味とは



ネタは同じ、白玉、あんこ、ソフトって

でもどの店も味が全然違う

我々古典芸能もそうでネタを同じ風にやっていても

受ける人と受けない人がいるんですよね

細かいところに気を使っていると話全体が良くなるんで

これも見えないところでおいしい結論を出すまでにいろんなものを紡いでいるんだろうなというのは思いますよね

ソフトクリームが解けないうちに他の具材と絡めて食べるのが流儀とか。

すごい速度食べているのは寄席で聞いて楽しいライブ感と同じといいます。

店の作りも含めてのライブ感と寄席で聞いてこそ楽しい講談のライブ感は同じなのです。

甘いもの好きの神田松之丞のお気に入り手土産はボリューム満点の切腹最中



新橋『新正堂』の切腹最中を神田松之丞さんが手土産に推薦しています。


切腹最中には、蓋ができない程のあんこが挿入されていて、あたかも切腹した中をのぞくという感じです。

当初は縁起が悪いと周囲に大反対されたそうですが、今では行列ができるほどの人気商品とか。




あの「忠臣蔵」の浅野内匠頭が切腹をした田村屋敷跡に店が立っていることにちなんだ一品だそうです。

それにしても最中の皮からあんこが飛び出した姿は、ボリューム感と迫力が満点ですね。


「自分が面白いと思うものに突き進むご主人の姿勢が、僕の芸風とも通じる気がします。講談でも、忠臣蔵にまつわるネタはしょっちゅうやっていますし、毎年12月14日は泉岳寺で一席やらせてもらっているんです。そういう意味でも、自分らしい手みやげだと思いますね」


神田松之丞は甘いもの好きで食事の前にも食べる


神田松之丞は白玉クリームあんみつを3日とあけずに食すといいますが、

それでも足りずに、我慢できずに食事の前であってもあまいものをたべてしまうと奥さんがこぼしています。

奥さんからみたら可愛いダメな部分がたくさんの神田松之丞です。

先日のテレビ番組の「松之丞カレンの反省だ!」では奥さんのことを「食パンみたいな顔をしている」といっていましたが

その後無事に生活しているのでしょうか。


神田松之丞がSKE48須田亜香里に放った毒舌は?「松之丞カレンの反省だ!」


来年2020年2月には真打になることが決定した講談師 神田松之丞がタレントの滝沢カレンとタッグを組んだテレビの新番組が

2019年4月7日に放送された「松之丞カレンの反省だ!」です。

滝沢カレン曰く「この番組は毒舌家で知られる神田松之丞がロケに行ってVTRの内容を反省する番組」。

お笑い芸人でもない講談師の神田松之丞がテレビのレギュラー番組を持ったのは、彼の毒舌が生む面白さが人を引き付けるからでしょう。


clr_br('')

天然ボケとみられる滝沢カレンですが意外と頭がよくて

思ったことをストレートに話す結果が毒舌を産んでいることも多々あります。

このコンビは意外とかみあって期待できるかもしれませんね。

「松之丞カレンの反省だ!」は初回にもかかわらず神田松之丞のラジオ番組「問わず語り」が押してしまい、

肝心のSKE48須田亜香里との握手面会時間が十数分しかなくなってしまいました。


現地ロケに向かうバスの中で十分毒舌がさく裂したので良しとしましょう。

神田松之丞はSKE48須田亜香里を全く知らないのに・・・。


SKE48須田亜香里を知らない神田松之丞が彼女に放った毒舌は


神田松之丞はテレビを全く見ないのでSKE48須田亜香里と言われても全く知りません。

そこでロケ地に向かうバスの中で写真を見せながらの講釈がされました。

SKE48須田亜香里が27才と言われて

さっそく神田松之丞の毒舌がさく裂。

「言葉えらびますけどアイドルで27才なら崖っぷちの人ですね。」全く言葉を選んでいませんが・・・。

年末総選挙で上位の子6人の写真から須田亜香里を選んでくださいといわれて

パネマジしてもあまり変わらない顔として選んだのが偶然にも須田亜香里でした。

パネマジとはパネルマジックです。

「比較的パネマジしにくい顔かな・・・」これって毒舌なのか・・・褒めているのか?。

「でも2位僕ないですね。23位くらいですね」と言ってしまったので

褒めていないことが明確になってしまいました。

「え~そんなこと言っちゃって」滝沢カレン

clr_br('')
「カレンさんは須田亜香里さん何位にみえたんですか?」

「私ですか?15位」歯止めをしないカレン。

大喜びする神田松之丞。

ひょっとして早めに番組終了になってしまうかも・・・。

「あったらほんとにすごい人です。できないことをできる人」必至にホロウするカレン。

握手会の動画での須田亜香里の人気ぶりを見て

「明らかに(写真の顔と)違うことがわかりました」とお笑い芸人並みのコメントをしつこく言う神田松之丞。

ついでに神さんにも毒舌を放つ神田松之丞


神さん似たタイプですかと聞かれて

「食パンみたいな顔の人いないかな・・・」

家帰って怒られること必至!!

写真みて「みんなきれいだなあ」これも毒舌であることが 明確に。

ここでついに大失敗のVTRですねと反省した神田松之丞。

「あんなの放送しちゃだめでしょ」神田松之丞




須田亜香里に面会しての毒舌は?


広い会場で待っている須田亜香里が待つ場所を見つけるのにも時間を費やして面会時間は減る一方。

ついに見つけて握手して「嬉しい」を連発する神田松之丞

本人の前では毒舌は封印。

「やだ~!!こんなとこ見たくない」カレン

スタッフから手を放し魔性と催促される神田松之丞

「優しい方。大人の余裕を感じました」と須田亜香里

VTRみたら頭に来るな・・・。

松之丞カレンの反省だ!のまとめ


神田松之丞と須田亜香里との握手面会の様子を見た滝沢カレンは

神田松之丞に中年のおっさんの側面をみて

つけた点数は100点満点の6点。


最後にまた神田松之丞は生で見た須田亜香里と写真を比較して

「やっぱり違う」

全然反省していない神田松之丞でした。

そもそも講談師である神田松之丞 がSKE48と握手ロケをして反省することなんか何もなしでからね。

強いてあげればラジオで毒舌ぶりに磨きがかかっている割には弱い毒舌だったのが反省点でしたね。

神田松之丞はしゃべりのプロだけにカズレーザー以上に面白い毒舌が今後期待できそうです。