神田松之丞は甘いもの好き!!3日とあけずに食すのは?「グレーテルのかまど」

講談師の神田松之丞はもともと甘党でしたが30才を過ぎてから和菓子のおいしさに目覚めたといいます。


2019年4月8日はNHK Eテレの「グレーテルのかまど」に出演して3日とあけずに食すという白玉クリームあんみつの紹介です。

とにかく甘い物が好きで、小さい頃から母親が何かしらのおやつを用意してくれたといいます。

30代になって嗜好(しこう)が変わって、みはしのあんみつに出会ってから、

あんみつが一気にキャッチーなものになったといいます。

みはしのクリームあんみつの写真からうける印象は「清楚でいて豊満でおいしそう」


男性の30代というのはお腹に脂肪がついてくる年代でもあります。

代謝がおちぎみになるのでさっぱりした甘い物が合うようになるのでしょう。

二つ目に昇進したのが29才のときですから、少し余裕ができて毒舌に磨きがかかってきたのが影響しているかもしれません。

男の30代は脂が乗り切った働き盛りですから。

神田松之丞の解釈は「お客様の前で基本を間違えずに感情をこめて、間をおいてとかといったしゃべり方でしゃべるのは

脳にダメージというか負荷をかけていると思うので、そういう時はお菓子とかで癒される」いうものです。


みはしのクリームあんみつのおいしさには万人がとりこになっています。

神田松之丞はあんこが異常においしいといいます。

「ちゃんと甘いけど、さらっとしてしつこくない。」


白玉クリームあんみつ みはし上野本店 場所


 東京都台東区上野4の9の7(TEL03・3831・0384)。

 午前10時半~午後9時半(9時ラストオーダー)。
 不定休。

上野の博物館や美術館や動物園を見学後、半券を見せると、なにがしかのトッピングがついているようです。

アイスかアンズのトッピングや白玉粉が2個追加とか。



白玉クリームあんみつのレシピと出会いまで


白玉クリームあんみつのレシピ 

豊島区で育つ、小学4年で父を亡くして大人にならざるを得なくなった

心の隙間を埋める何かをさがしていた

高校生の時に生で聞いた講談は最初は面白くなかった

耳か超えてくると面白くなるのかなという若気の至りの発想といいます。

大学を卒業して24才で入門しますが礼儀やしきたりを学ぶ前座時代はしかられてばかりの毎日でした。

その悔しさをばねに4年半ひたすら稽古に打ち込みました。

二つ目に昇進し少し心に余裕ができたころ

ふと立ち寄ったのが寄席の近くにある甘未どころ

ここで出会ったのが白玉クリームあんみつでした。

白玉あんこが芸に通じるだいご味とは



ネタは同じ、白玉、あんこ、ソフトって

でもどの店も味が全然違う

我々古典芸能もそうでネタを同じ風にやっていても

受ける人と受けない人がいるんですよね

細かいところに気を使っていると話全体が良くなるんで

これも見えないところでおいしい結論を出すまでにいろんなものを紡いでいるんだろうなというのは思いますよね

ソフトクリームが解けないうちに他の具材と絡めて食べるのが流儀とか。

すごい速度食べているのは寄席で聞いて楽しいライブ感と同じといいます。

店の作りも含めてのライブ感と寄席で聞いてこそ楽しい講談のライブ感は同じなのです。

甘いもの好きの神田松之丞のお気に入り手土産はボリューム満点の切腹最中



新橋『新正堂』の切腹最中を神田松之丞さんが手土産に推薦しています。


切腹最中には、蓋ができない程のあんこが挿入されていて、あたかも切腹した中をのぞくという感じです。

当初は縁起が悪いと周囲に大反対されたそうですが、今では行列ができるほどの人気商品とか。




あの「忠臣蔵」の浅野内匠頭が切腹をした田村屋敷跡に店が立っていることにちなんだ一品だそうです。

それにしても最中の皮からあんこが飛び出した姿は、ボリューム感と迫力が満点ですね。


「自分が面白いと思うものに突き進むご主人の姿勢が、僕の芸風とも通じる気がします。講談でも、忠臣蔵にまつわるネタはしょっちゅうやっていますし、毎年12月14日は泉岳寺で一席やらせてもらっているんです。そういう意味でも、自分らしい手みやげだと思いますね」


神田松之丞は甘いもの好きで食事の前にも食べる


神田松之丞は白玉クリームあんみつを3日とあけずに食すといいますが、

それでも足りずに、我慢できずに食事の前であってもあまいものをたべてしまうと奥さんがこぼしています。

奥さんからみたら可愛いダメな部分がたくさんの神田松之丞です。

先日のテレビ番組の「松之丞カレンの反省だ!」では奥さんのことを「食パンみたいな顔をしている」といっていましたが

その後無事に生活しているのでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です